薄毛改善にむけて

育毛剤は有効成分で働きが違う!?どんな成分があなたの悩みに適しているかを知ってから選ぼう

投稿日:

育毛剤の働き
育毛剤にもいろいろな商品が出て、違いを把握するのも難しいですよね。特に配合成分は横文字が並んでいてわかりにくいです。高濃度配合や今までの〇倍と言われても、どれだけすごいことなのかが判断できません。

そこで、育毛剤に含まれる有効成分の主なものをまとめてみましたので、育毛剤選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

そもそも有効成分とは?

育毛剤に含まれる成分の中でも、「有効成分」と言われるものは、厚生労働省が一定の働きを認めたものだけです。つまり専門家の第三者が働きが効果に結び付くと判断できたということです。

しかし、効果だけでは有効成分とは認められません。副作用などのリスクが著しく低い、つまり安全性も認められることで認定されます。

有効成分であれば科学的に有効に働くうえに、安心して使える成分だということです。

育毛剤の有効成分でよく見かけるメジャーな成分

よく配合されている育毛剤の成分をピックアップしましたので、使っている育毛剤や興味を持っている育毛剤は、どの効果を期待できるのか判断してみましょう。

キャピキシル・ノコギリヤシ・フィナステリド・ヒオウギエキスなど

これらは「抜け毛を防ぐ」「男性型の抜け毛の改善」に働く成分です。男性型の抜け毛は男性ホルモンを悪玉に還元してしまう、還元酵素5-αリダクターゼの過剰分泌が原因です。この酵素の働きをブロックしたり、弱めるのがこの有効成分です。

つまり、これらの成分が題材的に宣伝されているようなら、女性向けではなく男性の悩みに効果的といえます。

悩みがある方は配合量が多かったり、複数の成分で相互作用が期待できる育毛剤を選ぶのも1つのよい方法です。

ステモキシジン・ヒトオリゴペプチド-21(IGF)・イチョウ葉エキス・Ⅼ-アルギニンなど

これらは髪の毛の成長を助ける働きをする成分のグループです。抜け毛が落ち着いても、新しく髪の毛が発毛しないとボリュームはアップしません。

活発な発毛に整えるためには、まずは眠っている毛根の機能を呼び起こす刺激を与えたり、髪の毛が伸びる期間を延ばして成長をサポートすることも重要です。発毛や成長には栄養が必要ですから、それには頭皮の血行促進も欠かせません。

これらの髪の毛を育てるチカラを高める成分もバランスよく必要です。抜けにくくする成分に対して、こちらは育てて増やす成分と言っていいでしょう。

アロエエキス・イラクサエキス・アセチルグルコサミン・アルニカエキスなど

髪の毛が抜けにくく、さらに発毛しやすい土台は柔らかさが必須です。硬い頭皮では髪の毛が発毛しにくいですし、生えている髪の毛も柔軟性が無くなり抜けやすくなります。

柔らかい土台の頭皮にするには潤いが大切で、そのための有効成分として上記の成分が認められています。

保湿性が高く、潤いをキープして柔らかく弾力ある頭皮にしますので、髪の毛にとっても発毛しやすい、成長し続けやすい環境になります。

潤いは細胞が正常な活動をするには不可欠ですから、毛根細胞が活発になるためにも大きな意味があります。

イオウ・オウゴンエキス・ジフェンヒドラミンHCI・グリチルリチン酸ジカリウムなど

これらの成分も配合されている育毛剤をよく見かけるほど、大切な働きをしてくれます。

髪の毛の悩みを抱える方の頭皮は、多くが炎症を起こしています。炎症と言ってもヒリヒリするほど大きなトラブルではなくても、乾燥して起こす炎症は自覚症状がない場合も多いです。

何もないのに頭皮がかゆかったりチクチクするような時には、炎症を起こしている可能性が高いです。

また、フケがでるときにも乾燥から炎症を起こしている場合があります。この頭皮のままだと頭皮の細胞が正しく機能しないので、髪の毛は抜ける一方です。場合によっては髪の毛の質も悪くなり、細くなってボリュームが落ちることもあります。

有効成分が頭皮の炎症を抑えて、潤いと弾力のある本来の姿に戻していきます。これだけでも抜け毛の原因を軽減できるので、大きな頭皮環境の変化につながります。

このように有効成分と言っても働きや目的が違います。できるだけバランスよく配合されている方が多様な原因に対応できて安心ですが、髪の毛の悩みの原因によっては成分が特化した商品を選ぶ方が効率的な場合も有ります。

有効成分だけでも数多くありますので、まずはどの成分を主軸にしているのかをチェックして、その配合量や他の成分とのバランスも考えて選ぶと、納得の自分に合った育毛剤選びができます。

有効成分に本領を発揮してもらうためのコツ

また、もう1つ違った観点でチェックがおすすめのポイントがあります。それが浸透しやすい工夫がされているかです。

せっかくの有効成分も頭皮の表面だけではなく、内部の毛根や細胞まで届かないと根本的な改善はできません。そのために、浸透しやすい配慮があるかも見ておきたいところです。

例えば低分子化して浸透しやすくしているまで考えられていると、しっかりと有効成分が届いて実力を気してくれます。どうせなら最大限のパワーを有効成分に出してもらいたいですよね。

https://minamiawaji.info/

-薄毛改善にむけて

Copyright© 【美容習慣】テサランフェイスカバークリームの料金や口コミまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.